貞憙(チョンヒ)王后が選んだ成宗(ソンジョン)!朝鮮王朝全史6

女帝の登場

1469年、即位2年目でわずか19歳の睿宗は突然の死を迎えた。以前から体調を崩していたが、その死はあまりに唐突で宮中では再び呪いだと噂された……。
睿宗の息子はまだ5歳にすぎない幼子だった。宮中では、次の権力を握るために周りを出し抜こうという勢力が跋扈(ばっこ)した。
そうした空気の中で、もっとも早く行動を起こしたのが、世祖の妻だった貞憙(チョンヒ)王后だった。
彼女は睿宗の死を心から嘆き悲しんだが、いつまでも泣いているわけにはいかなかった。次の王位を決める決定権を握っていたからだ。
そのとき、候補者は3人いた。




睿宗の息子の斉安(チェアン)。
睿宗の甥(兄の息子)の月山(ウォルサン)と者山(チャサン)。
この3人の中で、斉安はまだ分別がつかないほど幼かったので早くから除外されてしまった。
つまり、月山と者山の2人の中から王を選ばなければならなかった。
それならば、当然長男である月山が王になるはずなのだが、貞憙王后は者山を王として指名した。この決定は睿宗の死の翌日に発表された。彼女は、不満を持っている臣下たちを集めてこう諭した。
「突然の発表に驚かれた方や、私の不忠を責める方もいらっしゃるでしょう。しかし、主上(チュサン/王のこと)の死を嘆く気持ちを私は、この場の誰よりも持っているつもりです。だからこそ、主上が安心して死出の旅路につけるように、早急に新たな王をたてたのです」
自分の醜い欲望を睿宗のためと言い張る彼女に、臣下たちの憎悪の眼差しは一層激しくなる。しかし、彼らには有力者たちを味方につけた彼女を罵ることすら出来なかった。(ページ3に続く)

光宗(クァンジョン)はどんな王だったのか/三国高麗国王列伝8

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る