光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

骨肉の争いで恨みを買った

王位に就いてから光海君の本当の苦悩が始まった。王位は安泰とはいえず、光海君は兄弟たちとの激しい権力闘争に巻き込まれた。
その過程で、光海君派は臨海君を死罪にして、正室から生まれた異母弟の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺害した。この骨肉の争いが大きな怨みを買う結果となった。
ただ、王政の最高権力者として見ると、光海君には優れた指導力があった。豊臣軍との戦いで荒廃した国土の復興に尽くし、王宮を再建した。




さらに、国防を強化し、異民族との外交でも成果をあげた。内政面では、納税制度を改善して庶民の税負担を軽減させた。
政治的な業績だけなら、立派な名君だ。しかし、光海君が王座を安泰にするために起こした骨肉の争いが結局は命取りになった。
強い恨みを持つ王族によって1623年にクーデターが起こった。
油断していた光海君は、クーデター軍の動きを察知できず、用意周到の彼らによって排斥されてしまった。
光海君は流罪となり、最終的には都から最も遠い済州島(チェジュド)に流された。(ページ3に続く)

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名を着せられた隠れた名君

燕山君(ヨンサングン)!最悪の暴君と呼ばれた国王

仁祖(インジョ)!最大の屈辱を受けた王

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る