光海君(クァンヘグン)を支えた金介屎(キム・ゲシ)/悪女たちの朝鮮王朝3

この世に正義はあるのか

自分が光海君を王位に上がらせた、という自負が強かった金介屎は、光海君の王位を脅かす勢力に鋭い刃を向けた。
獲物になったのが臨海君だ。この兄は弟の光海君を非難して、自ら王位を狙う意思を鮮明にしていた。しかし、彼は1609年に命を奪われている。その際に暗躍したのが金介屎だった。彼女は、光海君を支える男たちが束になっても代役ができないほどの名参謀だった。しかも、自ら手を汚す。こんな女性に狙われたら、凡庸な臨海君などひとたまりもなかった。
次に金介屎が狙ったのが永昌大君である。宣祖の正室から生まれた息子が生きていると、宣祖の側室から生まれた光海君の王位も安定しないというのが金介屎の理屈だった。彼女は李爾瞻とはかって、仁穆王后の父である金悌男(キム・ジェナム)を陥れて死罪にした。さらに、連座制を適用して永昌大君を江華島(カンファド)に流罪にした末に、1614年に殺してしまった。




相次ぐ悲報に、この世の悲しみをすべて背負ったかのように絶望した仁穆王后。彼女は大妃という尊号を奪われ、西宮(ソグン/現在の徳寿宮)に幽閉された。多くの人が「この世に正義はあるのか」と嘆くのも無理はなかった。
金介屎のほうは、女帝きどりだった。彼女は光海君の陰で絶大な権力を握った。
しかし、光海君が1623年にクーデターで王位を追放されると、後ろ楯を失った金介屎も斬首されてしまった。
幽閉を解かれて大妃として復権した仁穆王后と、無残な形で処刑された金介屎。これで正義は戻ったのだろうか。

粛宗(スクチョン)に愛された張禧嬪(チャン・ヒビン)/悪女たちの朝鮮王朝2

光海君(クァンヘグン)!暴君の汚名を着せられた隠れた名君

仁穆(インモク)王后!光海君への復讐に燃えた王妃

文=康 熙奉(カン ヒボン)
出典=『歴史を作るのは男より女! 悪女たちの朝鮮王朝』(双葉社発行)

悪女たちの朝鮮王朝0520入稿

『歴史を作るのは男より女! 悪女たちの朝鮮王朝』(双葉社発行)

『歴史を作るのは男より女! 悪女たちの朝鮮王朝』

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

痛快!「朝鮮王朝劇場」

本サイトには、「朝鮮王朝劇場」というジャンルがあります。ここにある記事では、歴史に残る有名な人たちが現代によみがえったという形で、歴史を揺るがせた大事件を語っていきます。思わぬ真相が語られるかもしれません。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・三国高麗国王列伝
 ・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・悪女たちの朝鮮王朝
 ・奇皇后 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る