『奇皇后』のタファンはトゴン・テムル(順帝)がモデル!

「順帝」という尊称の意味

トゴン・テムルは、重臣のバヤンの助力を受けて、元の文化と経済を大いに発展させていった。
しかし、信頼していたバヤンがやがて強大な権力を握るようになり、皇帝のトゴン・テムルを脅かせた。
トゴン・テムルは、バヤンを追放することで国政を安定させようとするが、政治的に元は内紛状態になってしまった。
1350年代には大規模な天災と伝染病に見舞われ、各地で庶民が反乱を起こした。




その中から新しい王朝の明が勢いを増し、元は滅亡寸前となった。
トゴン・テムルは素直に敗北を認め、逃走する途中で命を落とした。しかし、彼が敗北を認めたことを明は高く評価して、「天意に従って明に帝位を譲った」という意味を込めて「順帝」という尊称を贈った。
その順帝がドラマ『奇皇后』のタファンのモデルになったのである。

黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女物語1
https://goo.gl/GRFXrW

悪女と言えば張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝悪女列伝5
https://goo.gl/LRSwB8

光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)の激闘1
https://goo.gl/uZrRCx

奇皇后とはいったいどんな女性だったのか

奇皇后を生んだ奇氏一族とは何か?

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女/奇皇后」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。

[各ジャンルの紹介]

●雲が描いた月明り
●国王列伝/事件簿
・おどろき国王列伝
・三国高麗国王列伝
・事件簿
●朝鮮王朝劇場
●時代劇の主人公
●悪女/話題作
・朝鮮王朝三大悪女
・悪女たちの朝鮮王朝
・奇皇后
・華政/韓国時代劇
・イニョプの道
●オクニョ
・登場人物
・豆事典
・歴史解説
●朝鮮王朝人物列伝
●日本と韓国の歴史

・朝鮮王朝全史
・歴史探訪
・韓国の歴史
●歴史事典/編集部
・歴史事典
・編集部

ページ上部へ戻る