光海君(クァンヘグン)の没落!朝鮮王朝の重大な事件簿4

仁穆王后の怨み

クーデターによって光海君を追放した綾陽君は、16代王・仁祖(インジョ)として即位する。光海君に愛する息子を殺され、自らも幽閉された仁穆王后は、執拗に光海君の斬首を望んだ。「いくら廃位になった王であっても、先王を処刑することは悪評につながる」と考えて、仁穆王后の怒りを鎮めることに尽力した。




結果、なんとか仁穆王后を落ち着かせることに成功した仁祖は、流罪として光海君を江華島(カンファド)に流し、最終的には都からもっとも遠い済州島(チェジュド)に流された。
光海君は、済州島に流されてから18年後の1641年に66歳で世を去った。多くの人から怨まれた彼は、一見すると暴君のように思える。しかし、光海君は政治の指導者としての実力を見せているし、壬辰倭乱で荒廃した国土の復興や納税制度の改善(結果として庶民の負担が軽減された)も行ない、異民族の外交などで成果をあげている。この功績を見ると、光海君がただの暴君ではなかったと言える。

文=康 大地(コウ ダイチ)

仁祖(インジョ)の屈辱!朝鮮王朝の重大な事件簿5

光海君(クァンヘグン)は暴君なのか?名君なのか?

廃位となった光海君(クァンヘグン)の最期の地は済州島だった!

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

〔物語〕もし光海君(クァンヘグン)が現代に甦ったら何を語る?

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄の臨海君(イメグン)をさしおいて王になれたか?

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る