太宗(テジョン)が心から憎んだ神徳(シンドク)王后

王子の乱

意外なことに、太祖が指名したのは八男の芳碩だった。
太祖は自分の決定には無理があると承知していたが、愛する神徳王后の願いを拒むことができなかった。
芳遠はその決定にすさまじい怒りを示し、父に変更するように願い出たが、結局変わることなく、芳遠は神徳王后と対立してしまった。
その神徳王后は、1396年に自分の息子たちを案じながら亡くなったが、芳遠はその様子を冷たい目で見ていた。




1398年、芳遠は自らクーデターを起こして、異母弟の芳蕃と芳碩を殺してしまった。これが「王子の乱」である。
クーデターが成功して、芳遠は政権を自分の思うままにした。病床にいた太祖はやむなく退位している。
結局、芳遠は1400年に3代王・太宗(テジョン)になったが、それまでの恨みを晴らすべく、神徳王后の墓を徹底的に破壊するという復讐を行なった。
それほどに、太宗は神徳王后が憎かったのである。(ページ3に続く)

『イニョプの道』の時代背景を解説!

『イニョプの道』で描かれた太宗と父の対立とは?

『イニョプの道』の理解のために知っておきたい身分制度!

ページ:
1

2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。左側にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。[各ジャンルの紹介] ●日本と韓国の歴史(歴史探訪/韓国の歴史/日韓交流史) ●時代劇の主人公 ●奇皇后 ●オクニョ(登場人物/豆事典/歴史解説/ドラマ解説) ●華政/イニョプの道(華政・韓国時代劇/イニョプの道) ●朝鮮王朝人物列伝 ●国王列伝・事件簿(おどろき国王列伝/事件簿) ●歴史事典・編集部(歴史事典/編集部)
ページ上部へ戻る