太宗(テジョン)が心から憎んだ神徳(シンドク)王后

 

1392年に朝鮮王朝を開いた太祖(テジョ/李成桂〔イ・ソンゲ〕のこと)は2人の妻を迎え、8人の息子をもうけたが、その兄弟同士が殺し合うという後継者争いが起きてしまった。朝鮮王朝は建国当初から大混乱に陥っていたのである。

H7zWh8n9ndMxVj71495160670_1495160703

建国当時の後継者選び

太祖が最初に妻として迎えたのは、神懿(シヌィ)王后である。彼女との間に芳雨(バンウ)、芳果(バングァ)、芳毅(バンウィ)、芳幹(バンガン)、芳遠(バンウォン)、芳衍(バンヨン)という6人の息子をさずかるが、神懿王后は太祖が朝鮮王朝を開く前年の1391年に54歳で亡くなってしまう。




太祖には第二夫人の神徳(シンドク)王后がいて、芳蕃(バンボン)と芳碩(バンソク)という2人の息子が生まれていた。
1392年、初代王となった太祖の後継者選びが始まった。
8人の息子の中で、もっともふさわしいのは実力が抜きんでていた五男・芳遠であり、彼自身も後継者に指名されると思っていた。(ページ2に続く)

『イニョプの道』の時代背景を解説!

『イニョプの道』で描かれた太宗と父の対立とは?

『イニョプの道』の理解のために知っておきたい身分制度!

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る