現代韓国の序列主義の根源は朝鮮王朝時代の身分制度?

 

朝鮮王朝では厳しい身分制度が維持された。身分が違うと、着る服装から食卓のおかずの数まで違っていた。そんな身分制度によって、人々は序列をつけられたのだ。もちろん、今の韓国に身分制度は残っていないが、「序列」という意識は強烈に残ってしまった。韓国社会を一言で言えば、典型的な「序列社会」なのである。そんな現実の源流を知るために、朝鮮王朝時代の身分制度を振り返ってみよう。

厳格な身分制度の中でもチャングムのような優秀な医女が活躍した

厳格な身分制度の中でもチャングムのような優秀な医女が活躍した

朝鮮王朝の亡霊

王族は身分制度を超越する存在であったので別格と考えれば、朝鮮王朝時代の身分制度の最上位は両班(ヤンバン)であった。
両班は、先祖から恩恵を受けて生まれた人たちで、大地主の貴族階級と考えればわかりやすい。




ただし、高い官職は科挙に合格しなければ得られないので、両班の家に生まれたといっても安泰ではない。両班の子弟は、小さい頃から猛勉強を義務づけられていたのだ。そういう傾向が、現代韓国の学歴社会に結びついている。
518年間という長寿を誇った朝鮮王朝は、亡霊のように現代韓国に様々な影響を及ぼしている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る