明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

王の頬をたたく母

成人した明宗は自ら政治を仕切るようになったが、ことあるごとに口をはさんできたのが文定王后だった。
彼女のやり方は露骨だった。
最初は文書で明宗に指図してくるのだが、明宗がそれに従わないときには、強引に王を呼びつけて叱責した。




ときには、王の頬をたたくことさえあった。
母親とはいえ、王に対してあまりに不敬だった。しかし、心優しき明宗は、最後には母の言葉を拒むことができなかった。
結局、文定王后は「陰の女帝」として私腹を肥やすための政治を続けていき、明宗はそのたびに悲嘆に暮れた。(ページ5に続く)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

ページ:
1 2 3

4

5

関連記事

ページ上部へ戻る