明宗(ミョンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

悪政に心を痛める

明宗が王になったとき、まだ11歳だった。
王が未成年で即位すると、王族の最長老女性が政治を代行することになっていた。その役を担ったのが、明宗の母の文定王后だった。
これは、朝鮮王朝の民衆にとって不幸なことだった。なぜなら、文定王后は一族で政権を独占し、賄賂政治で不正を横行させたからである。




当時は凶作が多かった。しかし、代理政治を行なった文定王后は民衆の困難に目を向けず、国中に餓死者があふれてしまった。
明宗は頭が良く、心が優しい少年だった。しかし、母が政治を代行しているので、彼はどうしようもなかった。
玉座に座りながら、どんなにつらい思いをしていたことか。彼は、悪女の典型とも言える母によって苦しめられた。(ページ4に続く)

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は何をした?『オクニョ 運命の女』に登場

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

貞明公主!結婚式での有名なエピソード

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

ページ:
1 2

3

4 5

関連記事

ページ上部へ戻る