粛宗(スクチョン)!王妃問題でトラブルが多かった国王

'µ¿ÀÌ' ÇÑÈ¿ÁÖ, ¾Æ¿ª¹è¿E鰁EÇÔ²²

ドラマ『トンイ』では粛宗が思慮深い王として描かれていた

粛宗が引き起こした女性問題

張禧嬪との子供を元子にした粛宗は、1689年4月21日に「仁顕王后を廃妃にする」と言った。この王命には誰もがビックリしただろう。周りの高官たちは当然のごとく大反対した。しかし、粛宗はそれをすべて無視して仁顕王后の廃妃を強行して、空席となった王妃の座に張禧嬪を就けた。
身分の低い女性が王妃になることは基本的にありえない。そういう意味では張禧嬪はまさに栄華をつかみ取ったと言ってもいいだろう。彼女が王妃となったことで、息子が世子(セジャ)になった。夫である粛宗の力を使えば当時の張禧嬪に不可能はなかったが、人生はそう甘くはなく、彼女はここからだんだんと落ちぶれていくのである。




最初は張禧嬪のことをかなり寵愛していた粛宗だが、次第にその愛は冷めていった。しかし、最高の幸せを手に入れて有頂天となっていた張禧嬪はそのことに気付かなかった。そこに現れたのが、韓国時代劇『トンイ』の主人公で知られる叔嬪・崔氏(スクビン・チェシ)で、粛宗は彼女を愛するようになった。
1694年、粛宗は仁顕王后を再び王妃の座に戻した際に張禧嬪を側室に降格させてしまうが、彼女には自分が産んだ長男が世子となっているという強みがあった。「息子が王になれば、また栄華を手に入れることができる」と思い、その日を期待して待っていた張禧嬪にさらなる衝撃が走る。淑嬪・崔氏が粛宗との子を産んだのだ。(ページ4に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)が粛宗(スクチョン)の心を奪った日々!

張禧嬪(チャン・ヒビン)がついに王妃に成り上がった日!

韓国時代劇の最高のキャラはやっぱり張禧嬪!

ページ:
1 2

3

4

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る