英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第2回/告発された世子〕

懲罰を受ける罪人の心境

すでに思悼世子は涙声になっいる。彼は必死に声をしぼりだした。
「私にはかんしゃく持ちという持病がありまして……」
その言葉を英祖はあっさりと突き放した。
「もう、よい。すぐにここを立ち去れ!」
きつく言われた思悼世子は仕方なく寝殿の外に出て、むしろを敷いてその上に平伏して待機した。まさに懲罰を受ける罪人の心境だった。




英祖のもとに洪鳳漢が近づき進言した。
「殿下に忠誠を誓う者は東宮にもそうすべきです。羅景彦の不忠は今や論ずる必要もないほどです。倫理を正さなければなりません」
洪鳳漢は、思悼世子に仕えながら主人を告発した羅景彦を厳罰に処する考えをはっきり表明した。
しかし、英祖は洪鳳漢の言葉に怒り、彼を罷免しようとした。他の重臣が取りなして英祖もなんとか機嫌をなおしたが、羅景彦を処罰しようという気はなかった。むしろ、“世子の悪行をよくぞ教えてくれた”という心境だった。
(第3回に続く)

文=康 熙奉(カン ヒボン)
出典=「実録!朝鮮王朝物語/トンイからイ・サン編」

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第3回/自決の強要〕

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1 2 3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る