英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第2回/告発された世子〕

怒りが収まらない英祖

思悼世子が王の寝殿に入ってきて前庭で平伏した。しかし、英祖はあえて戸を閉めて、しばらく思悼世子に会わなかった。英祖も怒りを必死に静めようとしていたのだ。しかし、感情を抑えることはできなかった。
英祖は思悼世子を叱りつけるようにどなった。
「お前は本当に、王の孫の母(思悼世子の子供を産んだ側室をさしている)を殺したり、宮中を抜け出して遊び歩いたりしているのか。世子なのに、どうしてそんなことができるのか」
思悼世子はただ地面に伏してうなだれているしかなかった。




英祖の怒気を含んだ言葉が続く。
「側近の者たちが余に何も知らせなかったが、もし羅景彦がいなかったら、余がどうやってそれを知ることができたのか。王の孫の母は余も大変気に入っていたのに、どうして殺したりしたのか。こんなことをしていて、国が滅びないとでも言えるのか」
英祖の叱責を受けて、思悼世子はこう願い出た。
「どうか、羅景彦に会わせてください。彼に問いただしてみたいのです」
しかし、英祖はピシャリと言い切った。
「そんな必要はない。代理の者たちがすでに問いただしている」(ページ4に続く)

英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)〔第3回/自決の強要〕

仁祖〔インジョ〕/朝鮮王朝おどろき国王列伝3

光海君〔クァンヘグン〕・前編/朝鮮王朝おどろき国王列伝1

仁祖(インジョ)はなぜ昭顕(ソヒョン)世子の一家を滅ぼしたのか

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

必読!「悪女たちの朝鮮王朝」

本サイトには、「悪女」というジャンルの中に「悪女たちの朝鮮王朝」というコーナーがあります。ここでは、朝鮮王朝の歴史の中で政治的に暗躍した女性たちを取り上げています。
朝鮮王朝は儒教を国教にしていた関係で、社会的に男尊女卑の風潮が強かったのです。身分的には苦しい境遇に置かれた女性たちですが、その中から、自らの才覚で成り上がっていった人もいます。彼女たちは、肩書社会に生きる男性を尻目に奔放に生きていきましたが、根っからの悪女もいれば、悪女に仕向けられた女性もいました。
「悪女たちの朝鮮王朝」のコーナーでは、そんな彼女たちの物語を展開しています。

もっと韓国時代劇が面白くなる!

韓国時代劇によく登場する人物といえば、朝鮮王朝の国王であった中宗、光海君、仁祖、粛宗、英祖、正祖を中心にして、王妃、側室、王子、王女、女官などです。本サイトでは、ドラマに登場する人物をよく取り上げています。

ページ上部へ戻る