日韓近代・現代史が面白い!〔第4回/朝鮮戦争と日本〕

 

1945年8月15日以降、朝鮮半島ではほとんどの人が自力で政府を樹立できると信じていました。戦勝国であったアメリカ、イギリス、ソ連も当初は、早い時期に朝鮮半島で朝鮮民衆みずからの政府が誕生することを容認していたのです。しかし、戦後の冷戦構造が事情を一変させました。

DSC_0141

朝鮮戦争が勃発

アメリカとソ連の対立がそのまま朝鮮半島に持ち込まれる構図となりました。また、植民地時代から続いていた独立闘争が一枚岩になれずに分裂状態であったことも影響したのです。
結局、朝鮮半島は38度線を境に南北に分断され、南側には1948年8月に大韓民国が建国され、翌月の9月に北側に朝鮮民主主義人民共和国が誕生しました。
アメリカを頼る大韓民国の初代大統領は李承晩(イ・スンマン)。ソ連の支援を受ける朝鮮民主主義人民共和国の指導者は金日成(キム・イルソン)でした。
狭い半島に2つの国家ができてしまったのですが、民衆は早い段階で統一が成し遂げられることを期待していました。
しかし、事情が一変する事態になりました。1950年6月25日、北朝鮮の軍隊が攻撃を開始して朝鮮戦争が勃発したのです。
武力でまさる北朝鮮軍は電撃的にソウルを占領。さらに快進撃を続けて韓国領土のほとんどを制圧し、残るは釜山(プサン)周辺の狭い一角のみとなりました。
この朝鮮戦争は日本にも重大な影響を与えました。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る