日韓近代・現代史が面白い!〔第1回/明治維新後の日本と朝鮮半島〕

 

エンタメを通して韓国に親しみを感じている韓流ファンの中には、歴史に興味を持っている人が多いようです。日本と韓国の間では、過去にどんな歴史があったのでしょうか。そこで、明治維新後から現代までの日韓の歴史について振り返っていきましょう。

DSC_0107

日朝修好条規を締結

徳川幕府が倒れて明治の世となり、維新政府は富国強兵路線を突き進みました。やがて日本は朝鮮半島での権益に目をつけたのです。
先兵のように動いたのが日本の「雲揚号」です。この軍艦が1875年9月に江華島(カンファド)の沖で挑発的な行動を取ったことで軍事衝突に発展しました。これが江華島事件です。
日本の武力は、朝鮮王朝にとって脅威でした。ゆえに、朝鮮王朝は強く開国を迫る日本の圧力に抗うことができません。その結果、1876年2月に日本と朝鮮王朝の間で日朝修好条規(江華条約)が締結されました。
第1条には「朝鮮国ハ自主ノ邦ニシテ日本国ト平等ノ権ヲ保有セリ」と規定されています。条文には確かに“平等”という文字がありますが、現実的にこの条約は“不平等”そのものでした。
それでも日本が“朝鮮国ハ自主ノ邦”と規定したかったのは、清が宗主国でないことを強調したかったからです。そのほうが、日本が朝鮮半島に干渉するうえで都合が良かったのです。
さらに、この条約には「主要な港の開港」「自由貿易の推進」「日本領事による治外法権」などが織り込まれていました。日本の武力に屈した朝鮮王朝は、自国に不平等と知りながら条約を結ばざるをえなかったのです。
開国に踏み切った朝鮮王朝は以後、アメリカ、フランス、ロシアとも通商条約を結びました。ただし、いずれも武力で威嚇された不平等条約でした。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●三大悪女/奇皇后
 ・朝鮮王朝三大悪女
 ・奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る