日韓近世史が面白い!〔朝鮮出兵後の国交回復(前編)〕

京都・伏見城での会見

秀吉によって隣国との関係は最悪になったが、家康の代で朝鮮王朝と仲直りができれば、それは大きな国益につながることだった。政権交代の名目にもなる。しかも、国内の基盤を安定させるためには、戦乱の傷痕が残る隣国と早く良好な関係を築いたほうが得策だった。
もう1つの大きな効果も見込めた。仮に朝鮮王朝から使節を迎えて外交関係を築けば、徳川政権が外国からお墨付きを得たことになる。これこそが正統性の証だった。
家康は、積極的に朝鮮王朝との修好に取り組む姿勢を見せた。その意向を受けて、対馬藩は盛んに使者を釜山(プサン)に送った。
朝鮮王朝でも、家康が相手であれば検討する余地があった。
政権を担う高官たちの間で、とりあえず日本の実情を視察する使節を派遣することで意見がまとまった。
その際、最適の人材として選ばれたのが僧侶の惟政(ユジョン)である。彼は松雲大師とも呼ばれたが、先の戦乱において加藤清正と何度も交渉をしており、その経験が買われた。
惟政は、1604年12月に京都にやってきて、伏見城で家康と会った。
その場で家康は、朝鮮王朝と平和な関係を築きたい、ということを力説した。
惟政も「家康なら信頼に足る」と思った。その好印象は、朝鮮王朝が日本に対する警戒心を解く上で効果的だった。
惟政が母国に戻ったあとも、対馬藩は関係回復を求める使節を重ねて釜山に送った。朝鮮王朝は、正式な使節を日本に送るかどうかを真剣に検討し始めた。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3 4 5

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左側の上にカラーで色分けされたジャンルがありますので、それぞれにクリックして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●日本と韓国の歴史
 ・歴史探訪
 ・韓国の歴史
 ・日韓交流史
●時代劇の主人公
●奇皇后 
●オクニョ
 ・登場人物
 ・豆事典
 ・歴史解説
 ・ドラマ解説 
●華政/イニョプの道
 ・華政/韓国時代劇
 ・イニョプの道
●朝鮮王朝人物列伝
●国王列伝/事件簿
 ・おどろき国王列伝
 ・事件簿
●歴史事典/編集部
 ・歴史事典
 ・編集部

ページ上部へ戻る