日韓近世史が面白い!〔朝鮮出兵後の国交回復(前編)〕

 

1592年4月、豊臣秀吉の命令によって始まった朝鮮出兵は、1598年8月に当の秀吉が死んで終わった。朝鮮半島は荒廃し、数万にのぼる人たちが日本に連れ去られた。朝鮮王朝の恨みは骨髄に達していた。困り果てたのが対馬藩だ。朝鮮王朝との貿易を再開できなければ、島が餓死者であふれるおそれがあった。

現在の伏見城

現在の伏見城

徳川幕府の正統性

たとえ相手が日本を憎悪していても、対馬藩は懲りずに使者を朝鮮王朝に送った。
情勢に変化があったのは1600年9月だった。
関ヶ原の合戦で徳川家康が勝利した。これを機に、政権は豊臣家から徳川家に移った。見方を変えれば、家康は朝鮮王朝になりかわって秀吉に復讐をしてくれたようなものだった。
しかも、朝鮮出兵で家康は自前の兵を1人たりとも朝鮮半島に送っていない。このことは、朝鮮王朝側にとって悪い材料ではなかった。
1603年2月、家康は江戸に幕府を開いた。念願の征夷大将軍になったのである。秀吉の臣下となっても諦めなかった天下人の座。それを得られたのは、秀吉との長生き競争に勝ったからだった。
とはいえ、まだ徳川政権は始まったばかりである。大坂には秀吉の遺児の秀頼がいて、彼をかついで豊臣恩顧の大名たちがいつ反旗をひるがえすかわからなかった。
その機運を抑えるためにも、家康は自らの政権の正統性を渇望した。日本全土を統治するにふさわしい名目を……。
目をつけたのが、朝鮮王朝との修好回復だった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

ページ上部へ戻る