日韓古代史が面白い!〔仏教伝来(前編)〕

 

6世紀の朝鮮半島。高句麗(コグリョ)、百済(ペクチェ)、新羅(シルラ)の三国が激しい領土争いをしていた。百済は、新羅の背後にある日本と良好な関係を築きたいと願っていた。それが、新羅を牽制する最良の方法だと信じていた。そこで、百済の第26代・聖王(ソンワン/日本では聖明王と呼ばれている)は、日本に仏教を伝えることにしたのである。

002

百済王の使者が来日

仏教が日本に伝来した年は、552年(壬申年)と538年(戊午年)という2つの説がある。
552年説は『日本書紀』の記述が根拠だ。一方、538年説は『元興寺縁起』(飛鳥寺の後身となる元興寺の由来を説明した書)や『上宮聖徳法王帝説』(聖徳太子の伝記)が元になっている。
山川出版社の高校教科書『日本史』は538年説が有力だと紹介しているが、552年説を支持する学者もいる。
年を確定する明確な証拠はまだない。
いずれにしても、百済の聖王の使者が来日して、欽明天皇に釈迦仏の金銅像と経論などを贈呈した。
使者は口上を述べた。
「仏教は多くの法の中でも一番優れています。遠く天竺(インド)から三韓(朝鮮半島)まで、人々が仏教の教えにしたがっています。百済王はつつしんで倭国に伝え、仏の道が広く伝わることを願っております」(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ページ上部へ戻る